社会保険労務士への依頼には委任状が必要?

原則的に社会保険労務士に案件を依頼する場合には、委任状が必要となります。
例えば年金事務所における年金の請求手続き、遺族年金の請求手続きなど、こうした事例を処理してもらうためには、必ず依頼する社会保険労務士に手続きを一任するという旨の委任状を書かなければなりません。
この手順を義務化しなければ、例えば誰かが社会保険労務士になりすまして、勝手に他人の年金を請求するなんていうこともできてしまいますので、当然といえば当然のことですね。
逆に言えば社記保険労務士に依頼する案件といえば、お金にまつわることが非常に多いですので、悪徳業者や無資格者による詐欺行為等には十分な注意が必要です。
必ず社会保険労務士証票等の確認を確実に行うようにしましょう。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】